クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

イメージ

クチコミ情報

交通事故を起こさないために

毎日、交通事故のニュースを見かける。先日、中央道であった交通事故で、車に乗っていた二人が死亡したという。
その死亡した二人が25歳と15歳の男性だったのだが、運転席に乗っていたのが15歳の男の子だというのがわかったそうだ。
なんとなく、15歳の男の子が運転席で運転するに至った経緯が想像できなくもないが、他人にはナイショだよといったところで、交通事故を起こしたり、交通事故で死んだりしては元も子もない。高速道路では、玉突き事故という交通事故も起こりやすい。

この冬、北海道では低気圧と猛吹雪のせいで、ホワイトアウトして、いきなり前の車が止まってて玉突きの交通事故が何件か起こっていた。
視界が悪いとき、天候の悪い時は、外出するのに車はとても便利だ。
でも、その天候の悪さのレベルの判断をできないと、車ごと交通事故に巻き込まれてしまう。高速道路の視界のいい中での玉突き事故や交通事故は、ひとりの居眠り運転や不注意によるものが多い。
ひとりの判断のミスのせいで、多くのひとの命を危険にさらしたり、命を奪ったりしてしまう。
車は人を殺せる鉄の塊。その人とは、他人も、自分も。その意識が交通事故を起こさないために必要だと思う。
体調が悪い時に乗るのか乗らないのか、寝不足の時に乗るのか乗らないのか、人を殺して後悔しないか。